LoL日本鯖の情報を中心にビルドからスキン、動画まで様々な情報をいち早くお届けするブログ

LoL情報ナビ

プロプレイヤー紹介

いじめられっ子からNA最強ミッドレーナーへ!Bjergsenの半生まとめ【TSM】

更新日:


Team SoloMid(TSM) のミッドレーナーとして活躍しているBjergsenは現在、League of LegendsのNAでのプロシーンにおいて、実力、人気共にトップクラスであり、ミッドとしては最強との呼び声も高いです。
国際舞台でも、しっかりと結果を残しており、彼の実力を疑うものはいないでしょう。

そんなBjergsenですが、プロプレイヤーとして活躍するまではいじめられっ子で学校にもあまり通っていなかったそうです。
今回はそんな彼の半生をまとめてみました。

LoLに出会う前のBjergsen

LoLを始める前の彼は、いじめられっ子でした。
小さい頃からよくいじめられ、先生から虐待も受けたことがありました。

最初の頃は単純に、細いとかゲームオタクとかそんな理由でいじめられはじめました。
しかし、いじめは次第に暴力行為に及び、アザや傷を作ることも多くなり、流血しながら帰宅したこともあったようです。
いじめっ子のことをひどい奴らだとは思っていましたが、「でもそれが僕の役割」で、ただ少し不運な子供だと思っていました。
そのため、2週間学校を休んで、また登校したりと、かなり苦しい学生生活を送っていたようです。

ゲームはプロプレイヤーを目指すためのものではなく、「現実からの逃避」でしかありませんでした。
ゲームの中であればいじめられることもなく、「自分の役割」を果たす必要もなかったからです。
だから彼は現実世界との間に壁を作り、ゲームに多くの時間を費やしました。

Deficioとの出会い


そんな時、ソロQueue中にDeficioと出会いました。
Deficioは当時のランキング1位で、Bjergsenは3位でした。

Deficio曰く、初めての試合でBjergsenはDeficioを煽ったそうです。
彼は3位だったため、1位のDeficioに追いつこうと必死だったようです。
そしてその試合ではBjergsenが勝利しました。
勝利した後のBjergsenは非常に「嫌な奴」だったそうです。

Bjergsenは当時のことを聞かれ、「当時の僕は人としてまともじゃなかった」と語っています。
いじめられていたことで、人とどう関わっていいか分かっていなかったのです。
Deficioに誘われ、 Copenhagen Wolvesというチームに加入しましたが、そこでもチームメイトのことは一切信用できず、Deficio以外の誰も信用していなかったようです。

Deficioに大会に来るように誘われても、行こうとはせず、必死の説得の末、ようやく参加することになりました。
そこで彼は世界にとんでもない衝撃を与えます。
彼はまだ17歳で無名に近いプレイヤーでしたが、Syndraを使い、いきなりペンタキルを記録しました。
これが彼を有名にしたシーンです。

ここから彼の人生は大きく変わりました。

LoLの配信を始める

大会の後、BjergsenはLoLの配信を始めました。
配信では、みんなが自分のことを知っていて、放送を楽しみ、自分のプレイから学ぼうとしてくれている。
そう感じた時、初めて人生が良い方向に行っていると感じました。
そして、今なら乗り越えられると感じ、過去にいじめられていたこと、そのためにうつ病になり不安で学校を中退したこと、Deficioへの感謝などをFacebookの投稿で公表しました。
その投稿はこんな言葉で締められています。
"I just wanted you guys to know that if you are in a shitty place in life, hold on... Things get better!"
(もし、あなたが最悪の状況にあるなら耐えてほしい。。。きっと良くなるよ!)

TSMへの移籍 もう過去は振り返らない

その時点からBjergsenは過去を振り返る必要はなくなりました。
そして、より良いプレイヤーを目指すことに集中できました。
NAの強豪チーム Team SoloMid に移籍し、それまでチームの中心人物であったReginaldの代わりにショットコーラーとしての役目を与えられました。
彼はその役目も見事に果たし、2014 NA LCS SpringではMVPを獲得します。TSMという強豪チームでも、彼は圧倒的な存在感を示し、彼は一気に世界的に有名なプレイヤーとなりました。

心の問題も完全に解決しました。これまでの過去を振り返る必要もなくなり、毎日朝起きた時に、今日も楽しい日だと思えるようになりました。
全てのことを前向きに楽しんで取り組もうと思えるようになりました。

それからは皆さんのよく知るNA最強MIDレーナーの彼でしょう。
チームのメンバーが大きく変わるなど、大変な局面もあったはずですが、彼は毎年LCSのMVPを獲得し、チームとしてもNAでは良い成績を収め続けています。
BjergsenとTeam SoloMidがどこまでいけるのか、これからも楽しみですね。

スポンサーリンク

-プロプレイヤー紹介
-, ,

Copyright© LoL情報ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status