LoL日本鯖の情報を中心にビルドからスキン、動画まで様々な情報をいち早くお届けするブログ

LoL情報ナビ

LoL情報 プロシーン情報

Faker「強いチームは必ずスランプから帰ってくる」Blank「僕たちを信じてくれ!」【SKT T1 試合後インタビュー】

投稿日:

INVEN


6月24日、LCK Summer Split 2018の12日目、SKT T1はJin Air Green Wings (JAG)と対戦しました。この対戦は未だに未勝利のチーム同士の対戦となりました。

ゲーム1ではBangがザヤをピックし、スマイトを持ってミッドレーンへ。Fakerはタリヤを使い、素晴らしいパフォーマンスを見せてMVP選出されました。

2戦目は46分のロングゲームとなりましたが、SKTが4つのドラゴンのアドバンテージを活かして確実な試合運びで勝利を収めました。

今回は試合後のFakerのインタビュー翻訳です。

スポンサーリンク

Faker & Blank インタビュー

インタビュアー:ようやく今シーズン初の勝利です!今の気分は?
 
Faker:ここ最近は本当にハードな練習をしてきました。JAGは下位のチームということもあり、何としても勝たなきゃならなかったんです。僕らも下位のチームだとしてもね。僕らがこれから良くなっていくことを証明したかったんです。
 
 
インタビュアー:今日勝つまでは4連敗中でした。プレッシャーを感じてましたか?
 
Faker:4連敗目をした後に、チームで何が問題なのかをたくさん話し合いました。問題点は1つや2つではないですが、全て同時に直せるようなものでもないです。だから1つずつ修正していくようにしたいと考えました。まずは選手の士気を高めることに集中して、その後で他のことを修正しようとしました。
 
 
インタビュアー:今日は何が上手くいったのでしょう?
 
Faker:僕らはレーニンぐフェイズでいくつか問題を抱えていて、いくつかよく分からない死に方をしたりしていたんですが、今日はそんなことは起きませんでしたね。
 
ここでBlankがインタビューに参加
 
インタビュアー:Blank選手も今日はかなり良かったですよね。
 
Blank:連敗をストップできてほっとしてます。
 
 
インタビュアー:今日はスカーナーをプレイしていましたね。
 
Blank:僕のスカーナーはあんまり勝率がよくないんですけど、チャンピオンが問題ではないと思ってました。僕の手が問題だったんです(笑)

スポンサーリンク

 
インタビュアー:ゲーム1ではザヤをピックしていました。どういったプランがあったんですか?
 
Faker:ボットで色々とマークスマン以外のチャンピオンを試してましたけど、結果がよくなかったので、それじゃあ僕たちが得意なチャンピオンを使おうということになりました。
 
 
インタビュアー:それでは、今回は計画されていたピックでしたか?それとも、その場に応じたピックだったのでしょうか?
 
Faker:他のチームは選手が状況に応じてピックを選ぶこともあります。僕たちもそうすることもあります。でも今回は完全に計画して準備していたピックでした。
 
 
インタビュアー:(Blankに対して)ゲーム1はどうでしたか?
 
Blank:ジャングラーはほとんど常に相手のミッドレーナーの周りにいたので、>かなり落ち着いてプレイできました。僕はサポート系のチャンピオンをたくさん練習してきたので、問題なく対応できましたね。
 
 
インタビュアー:どこか印象に残っている場面はありますか?
 
Blank:ん~、あまりないですね。レーニングフェイズに強いチャンピオンをピックしていたので、イニシアチブをとって相手陣に深く入り込めたのはよかったんじゃないかと思います。
 
 
インタビュアー:タリヤがゲームの終盤にブラッドミアをほとんど瞬殺しかけましたね。
 
Faker:タリヤが上手くスケール出来た時にはよくあることですよ。普通のことです(笑)
 
 
インタビュアー:前の試合では、ルーキーがプレイした試合もありましたね。それを見ている時の気分はどんなものでしたか?
 
Faker:あまり経験を積んでいない選手なので、彼らのためにたくさん応援しましたよ。
 
 
インタビュアー:ルーキーにはたくさんアドバイスしてあげてるんですか?
 
Faker:ん~そんなにですかね。でも、僕が見た感じだと、彼らは練習の時と同じようにプレイできていないように見えました。多分、緊張していたんだと思います。だから試合後にアドバイスしました。

スポンサーリンク

 
インタビュアー:ゲーム2では何が上手くいったと思いますか?
 
Blank:エルダー付近での集団戦かな。
 
Faker:僕は、ミッドのターレット前でのフラッシュ→タウントがよかったと思います。
 
インタビュアー:それはプラン通りに行われたものだったんですか?
 
Faker:あの時、相手がその付近にワードを置こうとしているように感じた。防御が低いチャンピオンが2体だったので、チャンスだ!って感じました。チームメイトの反応も早くてよかったですね。
 
 
インタビュアー:エルダーでの集団戦についてはどうですか?
 
Blank:カミールをキルできれば勝てると思ってました。
 
Faker:何でゾーイが死んだのか分からなかった。今見ると、Qを食らって死んでるんですね。
 
 
インタビュアー:次の対戦相手はktです。どんな試合になると思いますか?
 
Faker:強いチームは必ずスランプから戻ってくるんですよ。僕たちも今日勝ったので、この流れで他の試合でも上手くいくと信じています。ktとの試合は面白いことになりそうですね。
 
 
インタビュアー:最後にファンの皆さんに一言お願いします。
 
Blank:僕たちはより良いプレイのために全力を尽くしています。僕たちを信じてください。必ずいいパフォーマンスでお返しします。ありがとうございました!

スポンサーリンク

-LoL情報, プロシーン情報
-, , ,

Copyright© LoL情報ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status