LoL日本鯖の情報を中心にビルドからスキン、動画まで様々な情報をいち早くお届けするブログ

LoL情報ナビ

LoL情報 プロシーン情報

【インタビュー翻訳】韓国でトレーニング中のFroggen「韓国のソロキューはNAと比べて・・・」【インタビュー後編】

更新日:

この記事は後編です。
前編はこちらからどうぞ!

NAとKRの違い

INVEN


インタビュアー:韓国でたくさんソロキューをプレイされたと思いますが、現在のメタについてどう思いますか?
 
Froggen:ソロキューの場合、20分より前の段階では、基本的に何でもできます。0キル10デスのフィードをすることもね(笑) しかし、バロンが誕生した後に死ぬのは許されません。死んだら非難の的になるでしょうね(笑)そしてただ怒り狂って、オープンミッドになったりね(笑)
 
韓国のプレイヤーはスケーリングチャンピオンを多く使う傾向にあると思います。彼らはよくLCKを見ていて、それに基づいてピックするので、多くのメタチャンピオンがいますね。NAではみんな好きなチャンピオンをプレイしている印象です。韓国ではできないことですね。KRサーバーで上に上がりたいのであれば、メタチャンピオンを使うしかないでしょうね。

スポンサーリンク

 
インタビュアー:KRサーバーのソロキューで印象に残っているプロプレイヤーはいますか?
 
Froggen:doinb(中国LPLのRogue Warriorsのミッドレーナー)。彼がやることはタイマーでチャットを埋め尽くすことだけ(笑) 彼とゲームする時はチャット全体をミュートにしていますが、彼はほんとに何千回もチャットしてますね(笑)
 
 
インタビュアー:あなたがチームとしてではなく、個人的に韓国にきた理由はなんですか?
 
Froggen:ソロキューの経験かな。NAでプレイしていると60pingくらいでプレイしなければならないので、ここでプレイすることで、よりメカニクスが磨かれると思います。加えて、NAには強いプレイヤーがあまりいません。NAのソロキューはみんなランダムにプレイしているに過ぎないんですよ。韓国でのソロキューはもっと難しいので、もっと多くのことを学べます。
 
 
インタビュアー:韓国のファンはFroggenがOGNトーナメントでアニメのフィギュアを持ってきていたことを覚えています。あの当時のことについて教えてください。
 
Froggen:当時は多分シーズン2で僕はたくさんアニメを観ていました。2012年のOGNファイナルの前に、僕たちは台湾に行って、TPAのゲームハウスで1週間練習しました。その滞在期間中、たくさんアニメのフィギュアを買って、OGNの決勝にもフィギュアを持って行ってしまったんです(笑)
 
 
インタビュアー:まだアニメは観てますか?
 
Froggen:多分・・・3年くらい観ていないんじゃないかな・・・。多分もう僕の中でアニメは終わったんでしょうね。
 
 
インタビュアー:プロとして長い期間活動されてますが、振り返ってみてどう感じますか?
 
Froggen:とてもいい時間を過ごせていると思います。
 
プロになるということは非常にハイリスクな選択でした。OGNに出場するために、学校も退学しました。でも今になって振り返ると、非常に安定したキャリアを過ごせていて幸せですね。

 
 
インタビュアー:キャリアの中で一番記憶に残っているものはなんですか?
 
Froggen:Allianceでの全ての経験が僕のお気に入りですね。僕たちは最初はとても悪かったけど、最後にはEU LCS Summer Splitで優勝できました。これが一番の思い出だと思います。

スポンサーリンク

 
インタビュアー:次は未来に目を向けましょう。将来どんな人になっていたいですか?何か目的はありますか?
 
Froggen:まだ何も決めてません。まだ何がやりたいのかについては考え中といったところですね。いつ引退するのかも分かりません。今フォーカスしていることは、ゲームをプレイして、プロプレイヤーになることです。将来のことはあまり考えていないです。コーチングは非常に面白そうだとは思いますが、もっと年を取って経験豊富になった後でやることだと思いますし、難しい仕事だとも思っています。

過去にプロだった選手がコーチに転身する例はたくさんあるけど、コーチングには「知っている」以上のものが必要だと思っています。もしコーチになりたいと思ったら、まずはコーチングに関するレッスンを受けると思います。
 
 
インタビュアー:それでは、今年の目標はなんですか?
 
Froggen:とにかく毎日ベストを尽くすことですかね。毎日成長したいです。LoLはもちろん、実生活においてもです。
 
 
インタビュアー:誰かLCKの選手で会ってみたい人はいますか?
 
Froggen:過去に会ったことのある、好きなLCKの選手は何人もいます。多分ほとんどのプロ選手とは会ったことがある気がします。前回はGorillaとPraYと一緒に色々遊びました。 彼らは本当に面白いやつらです(笑)もう一度会うのが本当に楽しみですね!
 
 
インタビュアー:あなたは現在、KRのソロキューのラダーでトップ20に入っていますが、どのチャンピオンがレートを上げるのに適していると感じますか?
 
Froggen:もし、あなたが既にマスターやチャレンジャーであれば、LCKで見た通りにプレイしたらいいと思います。ですが、それ以下のレート帯であれば、何を使うかは問題ではないと思います。何を使ってもダイアモンドまでは上がれます。もっと大切なことは、ゲームを楽しんでプレイすることです。それがないと、燃え尽きてしまいます。だからみんなには、とにかくやりたいことをやるべきだと言いたいですね。
 
 
インタビュアー:韓国から離れる前に、KRサーバーの1位になれると思いますか?
 
Froggen:かなり難しいですね・・・(笑)ベストを尽くしてみますよ(笑)
 
 
インタビュアー:韓国に来てからもずっと配信を続けてますが、何か不都合はありますか?
 
Froggen:時差ですね。あと、こっちではもっとゲームに集中するようにしています。視聴者の方と話すよりも、ゲームプレイそのものを見てもらうようにしています。
 
 
インタビュアー:最後に何かありますか?
 
Froggen:ファンのみんなに感謝の言葉を言いたいです。いつもサポートしてくれて本当にありがとう!

スポンサーリンク

-LoL情報, プロシーン情報
-,

Copyright© LoL情報ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status