LoL日本鯖の情報を中心にビルドからスキン、動画まで様々な情報をいち早くお届けするブログ

LoL情報ナビ

LoL情報 プロシーン情報

【移籍情報】PeanutはSK Telecom T1からLongzhu Gamingへ移籍!再びPraY,GorillAとチームメイトに

投稿日:


SKT T1からの移籍先を探していたジャングラーのPeanutですが、さすがに世界大会での経験も豊富なジャングラーだけあって、あっさりと韓国国内のライバルチーム「Longzhu Gaming」へと移籍を決めたようです。

SKT T1では、批判の的になってしまうこともありましたが、世界でも最高峰のジャングラーなのは間違いないので、Longzhu Gamingで調子を取り戻してほしい所ですね。

ADCのPraY、サポートのGorillAはROX Tigers時代のチームメイト


Longzhu GamingのADC PraYとSupportのGorillaはシーズン5とシーズン6でチームメイトでした。
 
Peanutは彼らと共にシーズン6のLCK Summer Split Championshipを勝ち抜き、その結果、世界でも最高のジャングラーとして知られるようになりました。
 
去年のWorlds準決勝でSKT T1と対戦し、フルゲームにもつれ込む試合にに負けた後、より高いレベルで戦うため、PenutはSKT T1に移籍しました。
 
しかしながら、Peanutの非常にアグレッシブなプレイスタイルは、安定した戦いを好むSKTの戦術には上手くフィットしませんでした。
 
敵のジャングルにカウンタージャングルを仕掛けたくても、SKTのトップサイドのプレッシャーはそれほど大きくなく、彼の持ち味を発揮できないままに負ける試合も多くありました。
 
その点、Longzhu GamingであればPeanutの強みを生かせるでしょう。
 
Longzhuのトップレーンは世界でもトップのキャリー力を持つKhanです。
 
KhanはLongzhuをキャリーし、LCK summerのプレイオフではSKTを3-1で破る原動力となりました。
 
Worlds 2017の準々決勝で、Samsung Galaxyのマクロ力の前に負けてしまいましたが、そのキャリー力は健在でした。
  
また、Longzhuのボットレーンはジャングラーのサポートがなくても、自分たちで何とかできるだけの能力があります。
 
Peanutは、安心して得意なソロレーン側でカウンタージャングルができるのではないでしょうか。
 
2017年に急成長を遂げた、世界で最も勢いのあるチームに、世界で最もアグレッシブなジャングラーが加わり来シーズンのLCKはますます目が離せなくなりそうです。

スポンサーリンク

-LoL情報, プロシーン情報
-, ,

Copyright© LoL情報ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status