LoL日本鯖の情報を中心にビルドからスキン、動画まで様々な情報をいち早くお届けするブログ

LoL情報ナビ

LoL情報

【インタビュー翻訳】第1回:TSMのオーナーReginaldがWorlds 2017戦後にTSMについて語る

更新日:

Team SoloMid(TSM)のオーナーReginaldがWorlds 2017の敗戦後に今大会やTSMの過去についてインタビューを受けている動画があったので、翻訳していきたいと思います。
約40分のロングインタビューとなっており、多くのTSMファンの心配や批判を率直に聞いていきます。かなり細かい所まで聞いており、おもしろい動画となっているので、翻訳してみました。
将来的にチームをより良くし、最終的にTSMの最終目標を達成するために何ができるかについての Andy “Reginald” Dinhの洞察をどうぞ!
40分のインタビュー翻訳とかなり長いため、複数回に分けてお送りします。

第2回以降はこちらからどうぞ
第2回:TSMが世界最強のADCの"PlaY"を獲得できたのに獲らなかった理由とは
第3回:TSMは優秀なジャングラーをダメにするチーム?
第4回:TSMのコーチParthは悪くない?WorldsのTSM vs Misfitsから分かるドラフトの難しさとは
第5回:「この物語はまだ終わっていない」、TSMは来シーズンに向けてサブメンバーを補強?
 

※私が翻訳しているため、いくつかの翻訳ミスがあるかと思います。翻訳が正確でない可能性がありますが、ご了承ください。

3年連続グループステージ敗退。それでもTSMの最終目標はWorlds制覇?


インタビュアー:今回はTSMからReginaldに来ていただきました。

ReginaldとTSMにとっては良いタイミングではないでしょう。

何年もの間、「TSMの目標はWorldsで優勝することだ」と言っておられますが、最近のWorldsでは、韓国勢の台頭もあって非常に難しい状態になっており、非現実的なことに聞こえます。

あなたが本気で言っていることは分かっていますが、達成が非常に難しい目標であり、まるでジョークを言っているかのように聞こえることもあります。

それでもTSMにとっての最終目標は「Worlds制覇」ですか?

Reginald:300%正直に言って、リソースの観点やどれくらい努力しているかという点でも、私の行動は全てTSMをより良くするためのものです。

そしてそのゴール(Worlds制覇)は、現状では馬鹿げたことに聞こえるかもしれませんが、私のゴールもTSMのゴールもWorlds制覇です。

誰もがそれを目標にしていますし、これを目標とすることは馬鹿げたことではありません。

これはTSMのプレイヤーにとってプレッシャーになっているだろうし、Worlds制覇からほど遠い現状においては、周りから侮辱されることも多いですし、ジョークだって言ってしまったほうが楽かもしれません。

ですが、私たちは本当にWorlds制覇のために努力をし続けていますし、ご存知のように、Bootcamp(Worldsへの準備として、TSMは韓国で合宿をしていた)にはお金もかなりかけています。

選手が必要なものは全て用意しているし、複数人のコーチも雇っています。各ポジション毎にコーチを用意するようなこともしています。

だからリソースの面が問題となっているのではなく、問題の根本はNAのカルチャーのようなものだと思っています。

そして、もしWorldsで優勝したいのであれば、最もレベルの高いLCSでプレイする方がいいですし、これは競争性の低いリーグ共通の問題だと思っています

TSMの問題点が戦略上のものだと考えている方もいるでしょう。TSMはメカニカルに優れた選手が多くいて、NALCSでは相手のチームより選手が優れているから勝っているだけだと。

もちろんメカニカルが重要なのは認めますが、ハイレベルなリーグを見ていると、5つのロール全ての選手のメカニカルが優れていますが、対戦する相手もメカニカルには優れている5人の選手がいるのが当たり前でしょう。

だから、ピックバンやドラフト戦略、ゲーム内の戦略が非常に重要なのは分かっています。

しかし、TSMにとっての問題はそれを練習する機会が少ないことにあるとも思っています。

NALCSでは、そういった戦略が必ずしも必要ではないこともあります。そういった状況では、真剣に戦略を練習できないですし、練習の成果も分かりにくいのです。

一方で、レベルの高いリーグに所属するチームは、選手もトップレベルのため、戦略で差をつけなければ勝てない。だから、私たちよりも真剣に練習し、競い合うことができます。

そういったリージョン間での差が大きな問題となっていると考えています。

(LCK(韓国プロリーグ)を見てみると、今年はLongzhu Gaming, Samsung Galaxy,SK telecom T1の3チームがWorldsに出場しましたが、SK telecom T1はSummer Splitでは4位と苦しんでいましたし、今回出場していないチームでもkt Rolster,ROX Tigers等、強豪チームが多く存在し、国内リーグのレベルが非常に高く均衡していることが分かります。)

スポンサーリンク

インタビュアー:それでは過去3年間、TSMはグループステージを突破出来ていませんが、他のウェスタンチーム(NAやEUのチーム)の中にはグループステージを突破したり、もしくは世界の強豪と互角に渡り合う実力があることを見せてくれたチームもあります。

もちろん、TSMが過去数年間、クジ運に恵まれなかったことは理解しています。2015年は誰が見ても明らかに死のグループでしたし、2016年はSamsungと同グループになってしまいました。

「TSMは過去3年間でグループステージ突破すらできていない」という意見もありますが、あなたはどうお考えですか?

Reginald:それは事実ですし、反論できません。

毎年Worldsに出場して、悪い結果で終わってしまっています。

それでも去年はグループステージ突破まで非常に惜しい所にいたと感じていました。
(2016年はRoyal Never Give Upと3勝3敗で並んでいたものの、直接対決の結果によってTSMは敗退している)

それでもあと一歩の所で私たちの力が足りなかったと感じています。

それから、TSMは去年と今年では、戦い方を大きく変えました、

去年は、できる限り常にレーンを押すようにしましたが練習し、大きなゴールド差を作ることもできるようになりました。

しかし、大きなリードを獲得した後は、そのことに関してケアを怠っていたために、負けてしまいました。

そのため、今年はリードを獲得した後のことを強調して、規律を持ってやってきました。

しかし、今年はアーリーゲーム(序盤)で苦しめられることが多く、TSMが序盤にリードを取ることはありませんでした。

そして、そのままストレートにゲームを決められる展開が多くありました。

いずれにせよ、TSMは準々決勝に進出できていないのは事実です。ごめんなさい。

 
 
第2回(TSMが世界最強のADCの"PlaY"を獲得できたのに獲らなかった理由とは)に続
く。

スポンサーリンク

-LoL情報
-, , ,

Copyright© LoL情報ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status