LoL日本鯖の情報を中心にビルドからスキン、動画まで様々な情報をいち早くお届けするブログ

LoL情報ナビ

LoL情報

Reginaldインタビュー翻訳 第3回:TSMの方針が優秀なジャングラーをダメにする?戦犯はSvenskeren?

更新日:

Team SoloMid(TSM)のオーナーReginaldがWorlds 2017の敗戦後に今大会やTSMの過去についてインタビューを受けている動画があったので、翻訳していきたいと思います。
約40分のロングインタビューとなっており、多くのTSMファンの心配や批判を率直に聞いていきます。かなり細かい所まで聞いており、おもしろい動画となっているので、翻訳してみました。
将来的にチームをより良くし、最終的にTSMの最終目標を達成するために何ができるかについての Andy “Reginald” Dinhの洞察をどうぞ!
40分のインタビュー翻訳とかなり長いため、複数回に分けてお送りします。

第1回はこちらからどうぞ
第2回
第3回 この記事
第4回
第5回
 
※私が翻訳しているため、いくつかの翻訳ミスがあるかと思います。翻訳が正確でない可能性がありますが、ご了承ください。

TSMのジャングラーはTSMによって「ワードを置く機械」になる?

Thooorin

インタビュアー:今回のWorldsで、あなたのチームで、世界中から多くの批判を集めたプレイヤーは間違いなくジャングラーのSvenskerenでしょう。

これは実際の所、多くの人や私にとって、あなたにしっかりと締めてほしいポイントです。

Santorinを獲得した時のことを思い出してみてください。

シーズン5だったと思います。TSMがLCSで勝利していても、多くの人が彼を批判しました。

「あいつは消極的すぎる」とか「インベードを全くしない」とか「ファームばかりしてる」とか「ワードを置く機械」、そういったところです。

SvenskerenがヨーロッパからTSMに来た時、彼は非常にアグレッシブで、強力なジャングラーでした。

しかし、シーズン7になって、彼も再び「ワードを置く機械」だと言われ始めました。

もっと遡ると、あなたが現役時代、ジャングラーのTheOddOneと一緒プレイしていた時、彼もまた消極的なジャングラーで、タンキーなチャンピオンばかりピックし、ファームをしてワードを置いてるだけだと言われていました。

そこで、私たち外部の人間が思うのは、何かTSMの文化のようなものが、ジャングラーを消極的にさせてるのではないかということです。
ワードを置くだけの機械になり、決してアグレッシブにプレイしてはいけない何かがあるのではないかと考えてしまいます。

過去にあなたが、Svenskerenに対して「次の3ゲームではお前に死んでほしくない」と言っている動画もあります。

あなたはこの意見に対してどう思いますか?TSMはジャングラーを「ワードを置く機械」に変えていると思いますか?

Reginald:その動画は、前後関係を無視したものだと思います。

まずは、なぜそう言ったのかを説明させてください。その方が分かりやすいでしょう。

当時、Svenskerenは馬鹿げるほど高い確率でファーストブラッドを食らっていました。

8ゲーム中6ゲーム程の確率だったと思います。

10人のプレイヤーがいるにも関わらず、一貫してSvenskerenがファーストブラッドになるのはおかしなことだったので、彼に伝えました。

他のLCSチームを見ても、各選手がファーストブラッドを食らう確率は10%程度で60%や70%はではないと。

インタビュアー:つまり、あなたはゲーム全体のことを指して言ったのではなく、ファーストブラッドに関して言ったということですか?

 
Reginald:いえ、ファーストブラッドだけではなく、数値でも分かるように、彼のプレイはあまりにもリスクの高いものだと思ったので、自分の移動経路や自分が今何をしようとしているかを考えてプレイするように伝えました。

トップ、ミッド、ボットレーンと協力して行動し、自分が何をしようとしているのか伝えるべきだとも話しました。

Svenskerenの動きがリスキーなのは、彼が味方とコミュニケーションをとっていなかったからで、その結果として罰を受けていました。

だから、彼に考えなしにジャングルを歩くのではなく、死なないようにリスクや味方のことをを考えて行動するように伝えました。

このことが彼を「ワードを置く機械」にしたとは思っていません。

スポンサーリンク


 

Reginaldはチームに関わりすぎている?

インタビュアー:なるほど。それでは次にこれを質問させてください。

大きな負けの後やプレイオフ等の重要な試合の前、あなたがチームメイトに対して何かを言っているシーンをよく見ます。

TSMファンを含む多くの人が心配しているのは、「Reginaldがチームに関与しすぎているのではないか」ということです。

もちろんあなたがチームのオーナーですし、以前はプロの選手でしたから、ゲームのことを知らない他のチームのオーナーとは違い、異なる視点からアドバイスできるのも分かります。

それでも時々心配になるのは、そういったスピーチはあなたではなく、コーチがするべきではないのかということです。

そして、あなたはコーチにあなたの考えを伝えるだけで、コーチがチームにそれを伝えるべきではないかということです。

これについてはどう思われますか?

 
Reginald:皆さんの意見も非常によく分かります。

今までずっと、ファンの皆さんを失望させ続けてきました。

私たちのゴールがWorlds制覇であれば、これまでの結果は全て大きな失望を生むもので、フラストレーションの溜まる結果だったと思います。

しかしながら、はっきりと言って、これは全くもって問題ではありません。

もしシーズン2から今までを見てきたなら、毎年、私がチームから離れる時間を少なくしてきたと思いますし、選手やコーチが助けを求めた場合は駆けつけるようにしています。

もしくは、チームが本当に悪い試合をした場合にも行くようにしています。

あまり見る機会がないだけだとは思いますが、他のチームのオーナーも同じようにしています。

もし、チームの方向性が明らかに間違っている場合や自分のビジネスのことを知りたい場合、自分のチームを修正し、前進しようとする場合には他のチームのオーナーも同じように関与しています。

私の場合は特にTSMに情熱を持っていますし、チームに関与したいと思いますし、問題が起きた場合はそれを知りたいとも思います。

それが私です。ですが、それがチームにとってネガティブな影響を与えているとは思いません。

もちろん、特定のケースでは非常にネガティブな発言もするかもしれません。私はコーチや選手とも真剣に話をするので。

ただ、全体を通してみると、問題になっているとは思いません。

チームに関わるのは好きですし、時にはスクリムにも参加します。

そしてそれはチームにとっても非常に助けになっていると思っています。

中略・・・
 
インタビュアー:もう1つの心配は、あなたがオーナーという立場にあるせいで、選手が必ずあなたの指示に従わなければいけないのではないか、という点です。

例えばBjergsenがあなたの指示に対して、「いやいや、そんなの間違ってるよ」と言っても問題はないですか?(笑)

 
Reginald:そうですね(笑)実際、彼らは私のアドバイスに反論することもよくありますし、それに関しては問題ありません。

私は非常に論理的に考える人です。オンライン上に上がっている動画では、前後関係がカットされているものや感情的になっている動画が多いため、私は悪者に見えてしまうかもしれませんが、実際の所、どうやって早く問題を解決するかという所にフォーカスして議論や行動をしていますし、もちろん私も感情的になったりフラストレーションを溜め込んでしまうこともありますが、私の意見が答えになるわけではなく、チームで話し合い、チームで考え、チームで解決を図るようにしています。

 
第4回(TSMのコーチParthは悪くない?WorldsのTSM vs Misfitsから分かるドラフトの難しさとは)に続く。(11月11日更新予定)

スポンサーリンク

-LoL情報
-, , , ,

Copyright© LoL情報ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status