LoL日本鯖の情報を中心にビルドからスキン、動画まで様々な情報をいち早くお届けするブログ

LoL情報ナビ

LoL情報

Reginaldインタビュー翻訳 第4回:TSMのコーチParthは悪くない?WorldsのTSM vs Misfitsから分かるドラフトの難しさとは

更新日:

Team SoloMid(TSM)のオーナーReginaldがWorlds 2017の敗戦後に今大会やTSMの過去についてインタビューを受けている動画があったので、翻訳していきたいと思います。
約40分のロングインタビューとなっており、多くのTSMファンの心配や批判を率直に聞いていきます。かなり細かい所まで聞いており、おもしろい動画となっているので、翻訳してみました。
将来的にチームをより良くし、最終的にTSMの最終目標を達成するために何ができるかについての Andy “Reginald” Dinhの洞察をどうぞ!
40分のインタビュー翻訳とかなり長いため、複数回に分けてお送りします。

第1回はこちらからどうぞ
第2回
第3回
第4回 この記事
第5回

※私が翻訳しているため、いくつかの翻訳ミスがあるかと思います。翻訳が正確でない可能性がありますが、ご了承ください。

NALCSでの圧倒的な強さはWeldonのおかげ?

インタビュアー:TSMの現メンバーを見ていて思い出されるのは、昨年のNALCS Summer Splitでしょう。

誰が見ても、TSMはNALCSを圧倒的に支配していましたし、LCSの勝者になりました。

だから、みんなWorldsでもやってくれるのではないかという期待を持っていました。

その当時、チームにはWeldon Greenがいました。

彼にはスポーツ心理学の知識があり、彼はゲーミングハウスでその知識を活かしてありとあらゆる面で選手をサポートしていたはずです。

ですが、私たちは実際に彼が何をしていたのかを詳しく知りません。

だから疑問なのは、TSMは何故シーズン7は彼と契約しなかったのかということです。

もし、彼がよくやっていたのであれば、何故それを続けなかったのでしょうか。

それとも何か問題があったのですか?

 
Reginald:当時、選手やスタッフとも話し合いましたが、Waldonは間違いなくチームにとってプラスの要因でした。

しかしながら、それが私たちのチームが好調でNALCSを支配できた理由だとは思えません。

成功したかどうかは、どこに成功を定義するかによって変わってきますよね。

結局2016年も私たちはグループステージを突破していないわけですしね。

確かにNALCSを支配したと言う意味では、私たちは17勝1敗という数字を残しましたし、支配できていたかもしれません。

でも次のシーズンも確か16勝ぐらいしています。

それに、こういった話をするときは地域のレベルも含めて見なければいけないですよね。

もちろん、Waldonは私たちにとって、間違いなく助けになっていましたし、彼がヨーロッパに帰りたかったという理由もあります。

ただ、契約しなかった理由は、私にとって、彼の貢献が勝利に繋がったと感じなかったからです。

アメリカにいたくない人に対して、説得するのも難しいですし、そんな人が貢献できるとは思えません。

 
インタビュアー:オーナーにとって、選手を公の場で批判するのは難しいことでしょうが、これを聞かせてください。

DoubleliftとBjergsenがNALCSでプレイしているのを見ていると、彼らはNAで最強として名前が挙がっていることがよくあります。

それこそ、韓国人のベストプレイヤー達と比べられるほどです。

そこで疑問ですが、シーズン7のTSMのスタープレーヤーはパフォーマンスで劣っていたと思いますか?

私は劣っていたと思います。

 
Reginald:そうですね。パフォーマンスが悪かったと思います。

実際に今年のWorlds 2017でも、明らかに私たちはくそみたいなプレイをしたと思います。

確かに劣っていました。

私たちは期待に全く応えられませんでした。

それでも妄想ではなく、私たちは本気でWorldsで優勝したいです。

ですが、そのためには一歩一歩、基礎から積み上げていく必要があります。

まずは準々決勝に残らなければいけないですし、その次は準決勝、そうしてようやくゴールを目指せるんです。

もちろん、Worldsに行くときは、「今年は優勝できないだろう」だなんて考えながら行くことはないです。

こういった競技では、一つ一つピースを当てはめていくように、間違った考えを修正していく必要がありますし、それが今私たちにとって必要なことです。

そして話題は多くの疑問を残したTSM vs Misfitsのドラフトへ・・・

インタビュアー:今回のWorldsでは実際にトレンドになっていましたが、今年のWorldsで多くのファンが、注目していたのは、ドラフト戦略、とりわけ、ドラフトで動揺したりミスをした結果、試合に負けたと思われる試合についてです。

特にTSM vs Misfitsのタイブレーク戦には注目が集まりましたよね。

なぜならあのドラフトが終わった瞬間、もうすでに勝負が決まったように感じられたからです。

Parth(TSMのヘッドコーチ)はクビになるだろうとか、色んな話が飛び交いました。

このトピックについてはどう思いますか?

裏の状況やどのように考えていたかも知っているであろうあなたは、どう考えていますか?

あのゲームでは何が起きていたのでしょう?

タイブレーク戦のピッグ画面

 
Reginald:実は今回、このことについて話したいと強く思っていました。

何故なら、実際には皆さんが思っているような、単純で、白黒はっきりできるような問題ではないからです。

なので順を追って説明させてください。

まず、最初に「最後のドラフトピックがひどいと感じたか」ですが、確かに「ひどい」と感じました。

次に、「練習していたチャンピオンだったのか」ですが、もちろん私たちは練習していました。

そして、「選手とコーチがあのピックに納得していたか」ですが、彼らも納得してピックしていました。

もちろん、誰もが分かっているように、いつでも「今ピックできる最強のチーム」をドラフトできるわけではありません。

「いいチャンピオン」で「選手がプレイできる」もので、「選手がやりたい」チャンピオンをピックします。

通常は、コーチはステージで、「お前はこのチャンピオンをピックしろ」、「お前はこれをやれ」、「お前はこれだ」という風に指示を出すわけではありません。

選手が得意なマッチアップや得意なチャンピオンも考えながら獲得していきます。

ドラフトのシナリオも考えながらピックしなければいけません。

もちろん、いつでも完璧なピック・バンをできれば最高ですが、

大抵の場合、1人か2人のプレイヤーは、5人のチームとしての編成をカバーするために、あまり得意でないマッチアップや不利なマッチアップを強いられることになります。

コーチは選手のチャンピオンプールを計算する必要もありますし、他にも考えなければいけないことが山ほどあるのは分かるでしょう。

だから実際にステージで行われているドラフトは、「これが最強のチームだ。だからこいつらをピックしとけ」みたいに単純なものではないのです。

それでも、あの最終戦のドラフトは悪かったと思います。

なぜなら、「ひどいプレイをしたから」です。

1週目は非常に良い戦いをしました。

しかし、2週目では良いプレイを見せることができていませんでした。

だからこそ、良いプレイを見せる必要もなく、簡単に育ち、チームファイトで勝てる編成を選ぶべきでした。

にもかかわらず、最終戦で選んだ編成はかなり難しい編成で、序盤からゲームを動かしていく必要のある編成でした。

だからもしあの時に戻れるなら、もっと簡単なチャンピオンや戦略をとるように言ったでしょう。

今の1戦で説明したように、とにかく、ドラフトでは様々な要因が絡んできます。

だから、ドラフトが悪い = コーチが悪い とは限らないのです。

もちろん、コーチが上手くドラフトできるに越したことはないですが、世界大会のステージで、たった30秒で状況を全て理解し、正しい選択を導き出すのは難しいんです。

Reginaldはコーチが悪いと決めつけられない。といったニュアンスの発言をしていますが、コーチのParthは試合後にTSMを辞めるといった内容のツイートを残しています。

第5回:「この物語はまだ終わっていない」、TSMは来シーズンに向けてサブメンバーを補強?に続く

第1回
第2回
第3回
第4回 この記事
第5回

スポンサーリンク

-LoL情報
-, , , ,