LoL日本鯖の情報を中心にビルドからスキン、動画まで様々な情報をいち早くお届けするブログ

LoL情報ナビ

LoL情報

Reginaldインタビュー翻訳 第5回:「この物語はまだ終わっていない」、TSMは来シーズンに向けてサブメンバーを補強?

投稿日:

Team SoloMid(TSM)のオーナーReginaldがWorlds 2017の敗戦後に今大会やTSMの過去についてインタビューを受けている動画があったので、翻訳していきたいと思います。
約40分のロングインタビューとなっており、多くのTSMファンの心配や批判を率直に聞いていきます。かなり細かい所まで聞いており、おもしろい動画となっているので、翻訳してみました。
将来的にチームをより良くし、最終的にTSMの最終目標を達成するために何ができるかについての Andy “Reginald” Dinhの洞察をどうぞ!
40分のインタビュー翻訳とかなり長いため、複数回に分けてお送りします。

第1回はこちらからどうぞ
第2回
第3回
第4回
第5回 この記事

 

DoubleliftはTSMにとってベストな選択?

インタビュアー:今年はDoubleliftに休暇を与え、その間、彼がプレイしていなかったにも関わらず、Spring Split後にWildTurtleに代わってDoubleliftがまたTSMに戻ってきました。

つまりこの動きから察するに、Doublelift以外のADCを採用した場合、世界大会において何らかの障害が発生すると考えているのですか?
 
 
Reginald:うーん・・・これをはっきりさせるのは難しいです。

去年のWorlds 2016でもDoubleliftと共に戦いましたが、グループステージを突破できませんでしたし、誰がベストかの判断は難しいです。

実は、私たちはDoubleliftに休暇を与えたわけではなく、2017年のADCはWildTurtleでいこうと思っていました。

しかしながら、Doubleliftがもう1度チームに戻りたいと言ってきたので、私は悩みました。

もちろんWildTurtleとは仲のいい友達で、今週も2回遊びに行きました。

Doubleliftとも友達ですし、チームのメンバー全員と友達だと思っています。

だから、この判断は非常に難しかったですが、たった1%でもDoubleliftの方がWildTurtleよりもいいと感じたのであれば、私たちの夢のために、決断をすべきだと思いました。

Worlds制覇の可能性がほんのわずかでも上がるのであれば、その方法をとることにしました。

ファンの皆さんに嘘をつかずに話しますと、その当時、Doublelift方がWildTurtleより優れていると思っていました。

結局は今年のWorldsも同じ結果でしたが、それはADCがWildTurtleだったとしても同じだったでしょう。

まとめると、今年はDoubleliftが復帰すると考えてませんでしたし、だから他の誰かを探す必要があると思っており、最終的にWildTurtleを起用しました。

インタビュアー:今回のWorldsでは、TSMはかなり良いグループに組み込まれていると考えられており、それだけにグループステージ突破を期待するファンの声も大きかったと思います。

しかしながら、結果はグループステージ敗退。ファンはただ悲しむだけではなく、かなり怒りをあらわにしています。恐らくスパムのようにあなたのTwitter等にもそういった声は届いていると思いますが、そういった声への対処はどうしていますか?

無視していますか?それともコメントを読んだりすることもあるのでしょうか?
 
 
Reginald:実際にいくつかのコメントは読みましたし、そういった声は時にモチベーションにもなります。

今回のWorldsの結果は100%、いや1000%ファンが動揺するに値する結果本当に恥ずかしい結果でした。

毎年、「Worldsで優勝する」と言っておきながら、毎年のように無様に負けて帰ってきています。

私はプロになるために時間がかかりました。その当時のことを少し話しますね。

最初に私がウェブサイトを立ち上げた時、ただ単にお金を稼ぎたいと思って始めました。

しかし、それはすぐに辞めました。

eSportsの世界にプレイヤーとして参加したいと強く思ったからです。

競技シーンで成功を収めたいという強い思いがあり、競い合うことが楽しくて仕方ない状態でした。

もうこれ以上プロとしてやれないと感じた時、次は世界で勝てるチームを作り上げることに力を注ぎこもうと感じました。

そこでもう1度夢を追いかけようと思いました。

実際、「お前らじゃ世界で勝てない」とからかわれることもよくあります。

「宇宙飛行士になりたいって言ってるとの変わらない」とか、「神経外科医になりたいって言ってるのと同じぐらい不可能だろ」みたいな感じでね(笑)

「もう7年間も挑戦して無理なんだから、いい加減神経外科医になりたいって言うのはあきらめろよ」ってね(笑)

でも、この物語はまだ終わっていないんです。

もちろん難しく、挑戦的なことですが、私たちはずっと挑戦しています。

だから、建設的でないコメントは馬鹿馬鹿しいと思いますが、ファンの失望した声や、悲しみの声、選手への怒り、コーチへの疑問などは、私たちの力になっています。

そういったことを考えるきっかけにもなりますし、実際に私たちにチームにとって参考になることもよくあります。

だからたくさんの意見には感謝しています。

 
インタビュアー:最後の質問です。もし、TSMがWorldsを制覇するために何か必要な「秘密」があるのであれば、もちろんそんなことは言えないとは思いますが、一般的な話でいいので、もし何かこのチームで修正した方がいい点や、チームが前進するために必要なこと、何でもいいです。

もしおおざっぱな話でもいいので何か話せることがあれば、教えていただけますか?

Reginald:うーん・・・今年のWorldsのことですが、グループステージの1週目は1日に1試合しかなく、毎日その試合について試合後に話し合い、悪い点も修正することができていました。

2週目は1日に3試合をやらなければいけませんでした。

選手があまりいい動きをしていませんでしたよね。

私は、彼らが1年のうち364日はをいいプレイができる選手だと思っていますが、その1日は本当に悪いプレイを見せる日でした。

だからもし、「信頼のおけるサブメンバー」がチームにいれば、そのサブメンバーがチームの流れを変え、結果を変えられたかもしれません。

そしてグループステージを突破できたかもしれません。

だから「サブメンバー」は来年に向けて取り組もうと思っていることの1つです。

2つ目は、「チームの文化」です。

文化というのは恐らくトップダウン方式でできていきます。

そのため、恐らくTSMの文化は私によるものでしょう。

私はそうったチームの文化の部分を日々管理できる専門の存在が必要だと感じています。

毎日のチームの状態を把握できるフィードバックがあれば、私にとっては非常に価値のある情報になると思います。

以上が今の所チーム内部についてお話できることです。

まだ来シーズンに向けて決まっていないことも多いので本当に実行するかは分かりません(笑)

 
インタビュアー:最後に何か言いたいことはありますか?

 
Reginald:そうですね。

私たちは本当にゴミみたいなプレイをしました。もちろん分かっています。

ですが、オフシーズンを何もせずに過ごしているわけではありません。

来年に向けてできる限りのことをやっていきます。

よろしくお願いします。

 
 
全5回でお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか。
聞き取りづらいところもあり、少々見づらい記事になってしまったかもしれませんが、チームのオーナーとしての考えやTSM内部のこと、興味深い話題が多くて翻訳していても楽しかったです。
TSMファンボとして来シーズンのTSMを楽しみにしてます!

スポンサーリンク

-LoL情報
-, , , ,

Copyright© LoL情報ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status