LoL日本鯖の情報を中心にビルドからスキン、動画まで様々な情報をいち早くお届けするブログ

LoL情報ナビ

チャンピオン&ビルド紹介

【韓国プロ注目】トリスターナジャングルが強い!ビルド解説有り(ルーン・アイテム・立ち回り・プレイ動画など)

更新日:

韓国のプロチームAfreeca FreecsのジャングラーSpirit選手がトリスターナジャングルをずっと練習中のようで、その戦績がなかなか素晴らしいために韓国でTristana Jungleが流行りつつあるようです。
今までもADCのチャンピオンがJungleに行くことはありましたが、ステルス持ちのトウィッチや、序盤からバーストもでるエズリアル等で、トリスターナがジャングラーになることはなかったのではないでしょうか。

ところが、ルーンが変更されたこともあり、トリスターナジャングルが真剣に選択肢として考えられるレベルまできてるようです。

Spirit選手のスコアがこちら。

アサシンジャングルの代表格、カジックスよりもKDAが上になっちゃってます。勝率も75%。

しかも彼のアカウントは韓国チャレンジャーなので、韓国のチャレンジャー・マスター相手にこの成績です。

あれ?もしかして行ける?って思えませんか?

それでは早速紹介していきます。

トリスターナジャングルの強み

ジャングルクリアが結構早い

E+Qのバーストもあって、高速でジャンルを回れます。
これはジャングラーとしてはある意味必須の条件。

カイトでのダメージ軽減

レンジドチャンピオンということもあり、中立クリープをカイトしながら狩れます。
高いHPの状態でジャングルを回れるのでギャンクにも行けますし、カウンタージャングルも意外と怖くありません。

ロケットジャンプ

これは上の理由とも少し被る点があるのですが、仮にカウンタージャングルを食らったとしても、Wのロケットジャンプで簡単に離脱できます。
ジャングル内で死亡する心配はあまりしなくてよさそうです。
(中立クリープ狩りに安易にWを使ってしまわないようにしましよう。)

実はギャンクもめっちゃ強い

序盤からかなり火力が出ます。
E+Qのバーストは強力ですし、もしEを4スタック溜めて爆発させることができれば、Wは2回使えます。

レベル6になればバスターショット(Ult)も使って一瞬で物凄いバーストを出せますし、状況によってはタワー下の敵でも後ろから無理やり押し出してキルを狙えます。

タワー破壊の速度

ADCのトリスターナの時と同じくタワー破壊がめちゃくちゃ速いです。

ギャンクを決める→タワー破壊 の流れを意識することでゴールド差をどんどん広げていけます。
Gank for win!

ルーン解説


キーストーンは英華のプレスアタック。
単純にADCチャンピオンとの相性もいいですし、E+Qとの相性もいいです。

サブには覇道を採用。
サドンインパクトとWの相性がGood。

アイテムビルド

初期アイテム

序盤


もちろんBFが買えるなら買った方がいいが、序盤はピックアックスでも十分。
ピックアックスを買った後はShivの完成を急ごう。

靴は

この辺りから選択。

ファイナルビルド例

立ち回り

ボットレーン側のバフからスタート(ブルーサイドなら赤バフ、レッドサイドなら青バフ)
(HPを高く保つようにカイトをしっかりしてジャングルを回りましょう。)

ジャングルを狩りつつ、逆側のバフに流れていき、バフを取ったらトップレーンorミッドレーンのギャンクを狙う。

集団戦の立ち回り

ADCの時のトリスターナと同じ立ち回りです。

ジャングラーだからと言ってカジックスと同じような動きをしても一瞬で溶けます。
ポジションを意識しつつ、撃てる敵を撃ちましょう。

プレイ動画

スポンサーリンク

-チャンピオン&ビルド紹介
-, ,

Copyright© LoL情報ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status