LoL日本鯖の情報を中心にビルドからスキン、動画まで様々な情報をいち早くお届けするブログ

LoL情報ナビ

LoL講座

【LoL】あなたのレートを上げるために重要な5つのこと【ELO】

投稿日:


今回はLeague of Legendsでレートを上げるために必要なことを簡単に5つにまとめた動画を翻訳してみました。(大事な所だけの抜粋です。)
すぐにレートが上がる、一瞬で魔境を脱出できすような魔法のような内容ではありませんが、(そんなのあったらこっちが知りたい)
ブロンズ、シルバーの方はもちろん、ゴールド以上の方にも参考になるかと思います。
元動画(英語です)
 

スポンサーリンク

 

メカニクス

メカニクスは最も上達しにくい技術のひとつでしょう。しかも、多くの場合は他の技術と比べて、それほど重要だとは言われていません。

メカニクスはチャンピオンの操作の上手さそのものを表す言葉で、これが優れていると、相手よりレーンで優位に立てたり、アウトプレイをか
ましたりといったことができるようになります。

メカニクスはチャンピオンによっても重要度が変わってきます。特にヤスオやリヴェンのようなチャンピオンはメカニクスの影響が大きなチャンピオンと言えるでしょう。

メカニクスに優れていることで、レーンでの勝利はより簡単なものになります。メカニクスの差があるレーンは勝負が一方的なものになりがちです。
スマーフはこの差を利用してレーンで勝利し、延いては試合への勝利も手にしています。簡単に言うと、スマーフプレイヤーは単純にメカニカ
ルスキルが高いプレイヤーとも言えます。

この技術の難しい所は、経験でのみ成長するということです。
あるチャンピオンのメカニクスを鍛えるためには、同じチャンピオンを使い続ける必要があるため、使うチャンピオンを片手で収まる程度に留めておくべきでしょう。

マップへの意識

多くの場合、この意識の差が"生"と"死"の差につながります。

常にマップに注意を払っておくのは最も重要なことの一つです。

常にワードがどこにあるか、敵がどう動いているかを把握しましょう。

あのFakerでさえも、上手くなるためにはマップへの意識は最も重要だと言っています。
Faker曰く、試合中は最低でも5秒に1回は必ずマップを見る必要があるのだとか。

スポンサーリンク

意思決定

間違いなく、最も重要ななスキルでしょう。

これは、何故Dopaが世界最高のプレイヤーだと言われているかの答えでもあります。
Dopaは驚異的な勝率でレートを上げることでも有名ですが、そのKDAはそれほど尖ったものではないことも多く、むしろ判断力に定評があります。恐らく、Dopaは将棋やチェスのトッププレイヤーのように、頭の中でシナリオを考えながらプレイしているのでしょう。

Cloud9やKT Rolsterで活躍している韓国人ジャングラーのRushは、このスキルが高レート帯と低レート帯を分ける最も大きな違いだと語っています。

どのタイミングでタワーやドラゴン、バロン、インヒビターを取るか、4-1でのスプリットプッシュ、1-3-1でのプッシュ、いつロームするか、いつ、どこで、どのようにチームファイトを行うか・・・など考えなければいけないことは非常に多いです。

そしてこのスキルの最も難しい所は、ただプレイしているだけでは身につかないというところです。
常に考えながらプレイすることはもちろん、プレイ以外でも勉強や分析が必要となってくるでしょう。

大きな差が生まれるだけに、習得難易度も最高です。
 

スポンサーリンク

 

コミュニケーション

コミュニケーションももちろん重要です。

MIAピンを出す、On my wayピンを出す、いつサモナースペルが使われたかを言う。

正直言って当たり前のことですし、とっても簡単な技術ですが、ブロンズからチャレンジャーまで共通して使えるスキルでしょう。

例えば、いつフラッシュを使ったかをジャングラーに伝えておくだけでも、ジャングラーはギャンクしやすくなりますし、MIAピンは味方をデスから救うこともできます。

こんなことはみんな分かっていることですが、こんなことですらできないプレイヤーも多いのは事実です。

チャットは喧嘩のためのツールではありません(笑)

敵のTiltを利用する

他の4つとはちょっと趣旨が違う内容ですが、確かに場合によっては使える技です。

例えば、opggを試合前に見て、連敗しているプレイヤーが相手にいた場合、そいつを集中して狙ってみてもいいかもしれません。
明らかに試合を捨てているようなKDAがあれば尚更です。
相手がTiltして試合を勝手に諦めてくれるかもしれません。

同様に、簡単に倒せるチャンピオンや明らかに弱いチャンピオンが出てきた場合にも狙ってみましょう。

相手が諦めてくれればこっちのもんです。
別に卑怯な手はありません。どんな競技でも、相手の弱い所を突く戦術はよく使われているでしょう?

スポンサーリンク

-LoL講座
-, , , , ,

Copyright© LoL情報ナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status