LoL日本鯖の情報を中心にビルドからスキン、動画まで様々な情報をいち早くお届けするブログ

LoL情報ナビ

LoL講座 プロシーン情報

【G2 Esports 記者会見 翻訳】Caps「まだ僕たちはIGを倒してはいない」【MSI 2019 】

投稿日:

5月19日、G2 EsportsがTeam Liquidを下し、2019 Mid-Season Invitational (MSI)の覇者となりました。

G2 Esportsは素晴らしく洗練されたチームで、各選手がアーリーゲームでどのようにプレイするべきか理解していました。。
また、彼らの広いチャンピオンプールは、ピック&バンで非常に有利に働きました。
決勝戦後、G2 Esportsのインタビューが行われたようなので、今回はその一部翻訳となっています。

関連記事:【2019 MSI優勝】G2 Esportsのメンバーが使用しているマウス・キーボードまとめ【ゲーミングギア】

MSI決勝後の記者会見

記者:MSI 2019のトロフィーを掲げた気分はどうですか?
 
GrabbZ ヘッドコーチ:もちろん優勝できたことは幸せです。しかし、私たちはまだIGを倒してはいません。それに、あまりにも一方的な試合だったので、あまり喜べなかったですね。まだまだ、私たちにはやることがありますよ。
 

記者:(Capsに対して)今日は並外れたプレイで魅せてくれましたね。そしてMVPを獲得しました!
 
Caps:最高に嬉しいです。はじめに、Mikyxが怪我をしてからずっと心配していたんです。みんな素晴らしいプレイをしたからこその勝利だと思います。でもコーチが言ったように、まだIGを倒していないので、やるべきことがあります。次の国際大会ではリベンジしてやりたいですね。

記者:(Perksに対して)あなたは今のメタを作り上げた一人だと思いますが?
 
Perksチ:全てのミッドレーナーにオススメするのは、ADCにロールを変更することです((笑) 今は単にマークスマンのチャンピオンが強くない。だからシンプルにADCでないカシオペア、ニーコ、ヤスオのようなチャンピオンをボットレーンで使っています。彼らがアーデントセンサーをバフしてくれることを願っておきます。
 

記者:(Capsに対して)あなたは世界で最高のミッドレーナーだと思いますか? ニックネームの「ベイビーFaker」はもう変えたいですか?
 
Caps:まだ最高のミッドレーナーになれたとは思っていません。今回は運も味方してくれました。今は「ベイビー」から「ティーンエイジ Faker」ぐらいにはなれたでしょうか。Fakerに追いつくためには、一時的に高いレベルでプレイするだけでなく、この状態をキープし続ける必要があると思います。
 

記者:(Mikyxに対して)あなたのThreshとRakanは傑出していました。どのようにして怪我を克服し、最後にトロフィーを掲げられたのでしょうか?
 
Mikyx:今日は今まででも最高のシリーズの一つだったと思います。自分に10点満点中8.5点をつけたいと思います。それでも、IGに勝てていないことには満足していません。Worldsで対戦してリベンジしたいですね。

関連記事:【2019 MSI優勝】G2 Esportsのメンバーが使用しているマウス・キーボードまとめ【ゲーミングギア】

スポンサーリンク

-LoL講座, プロシーン情報
-, , , ,

Copyright© LoL情報ナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status